スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

積読記070227 

ブクログ
http://booklog.jp/users/gtspecial
便利だ。


にほんブログ村 小説ブログへ

カズはカズで買ってくる。
僕も僕で思いのまま買って帰る。
家にはいつも文庫本が溢れかえっている。
カズが読了したものをお下がりで読むこともあるし、逆のパターンもある。

今日は、明日に備えて一冊買っておこうと思い書店に立ち寄ったら、レジに着く頃にはこんなになっていた。。。
カード払い。
まぁカードで払ってしまう方が、明細が来た時に何に金を使ったかがハッキリするので、最近はむしろ一冊買うときでさえ、カード払い。




『白銀を踏み荒らせ』 雫井脩介
雫井脩介は、『虚貌』を読んで面白かったため、ずっと気にはなっていた。
久々に手に取る事になる。




雫井 脩介 / 幻冬舎(2005/04)
Amazonランキング:145000位
Amazonおすすめ度:







『不毛地帯(1)』 山崎豊子
大地の子』、『沈まぬ太陽』は読んでいた。
ベタなところで『白い巨塔』、そして今話題の『華麗なる一族』には、敢えて行かなかった。
そういえば、ダン・ブラウンも『ダ・ヴィンチ・コード』ではなく『天使と悪魔』から入ったな。
山崎豊子は、文体や進め方は正直なところ苦手なのだけど、プロットは僕の好きなドラマチックなものが多いので、ある意味「仕方なく」(?)



山崎 豊子 / 新潮社(1983/01)
Amazonランキング:2102位
Amazonおすすめ度:







『コンタクト・ゾーン〈上〉』 篠田節子
篠田モノの、どんよりと重たい雰囲気も嫌いじゃない。
ここ最近読んだものは、東南アジアを舞台とする密教系伝奇系だったので、あらすじを読む限り今回は同じ東南アジアを舞台としたものでもちょっと趣が違うかな?
今回の積読の中では、あらすじに一番反応した。



篠田 節子 / 文藝春秋(2006/11)
Amazonランキング:123082位
Amazonおすすめ度:







『クライマーズ・ハイ』 横山秀夫
横山秀夫は、読んでみたい一人だった。
かわせみさんかHoshiさんが、これを読んだレビューを書いてらっしゃいませんでしたっけ?



横山 秀夫 / 文藝春秋(2006/06)
Amazonランキング:7210位
Amazonおすすめ度:







『三人の悪党―きんぴか〈1〉』 浅田次郎
浅田次郎は一気に読んでおきたい。
今作『きんぴか』は、どうやら読了タイトル『プリズンホテル』がサイドストーリーになっていそうなので、非常に楽しみ。



浅田 次郎 / 光文社(1999/07)
Amazonランキング:53031位
Amazonおすすめ度:







ということで、明日どれを鞄に忍ばせるか、楽しく悩む。
明日は、日帰り大阪出張。
本当は、そのまま短期的に鳥取に帰省したいところなのだけど・・・

帰ってきて、明後日は、胃カメラ・・・。





っど~でも良いけど・・・
吉徳「ダースベーダー兜」続報
はははは。
Engadget Japaneseより)
BigBenStinger、どうよ!?
スポンサーサイト

Comments

▼ゆかちゃん

そうそう(笑)。
代表作でもう一つあったよね。

(少々ググる・・・)

そうそう、『運命の息子』だ。

『震度0』は単行本だね。文庫化待ちだな(笑)

▼ali

そういえば、横山秀夫がイイって言ってたね。
雫井「白銀を踏み荒らせ」は、そっちが先に読んじゃうだろうな恐らく(笑)

二軸物好き^^
アーチャー作品はこの手法を多用しますね。
話の膨らませ方が私好みであります☆

何本もの枝が絡み合うような話も好みなんです。
なので『震度0』はのめりました♪

『クライマーズ・ハイ』!これはとてもよろしかったv-218
雫井 脩介は好きなので、『白銀を踏み荒らせ』読んでみよーかなっv-219

▼ゆかちゃん

あらま、やっぱり嗜好が似てるわ!
ジェフリー・アーチャーは大学生の頃から読んでました♪
ただ、「二軸構成」(「ケインとアベル」、「メディア買収の野望」等)の、類似パターン化があったりするよね(笑)
でも、好きな作家です。べたべたのドラマチック♪

▼Mizoさん

「クライマーズ・ハイ」については、そうでした!Mizoさんが書いてらっしゃったんでしたね!
失礼いたしました。。。
ブクログ、面白いです♪

「クライマーズ・ハイ」はいい本でした。
ブックログはいいですね。読みたい本、買いたい本はamazonのカートに放り込んでいますが、それの「在庫版」として使えますね。

トラックバック発見^^

『クライマーズ・ハイ』、『きんぴか』、早速探してみようと思いました☆
両作家ともお気に入りなんです♪
ジェフリー・アーチャーがお好きなようでしたら、『ケインとアベル』、『ロスノフスキ家の娘』を合わせて読むことをお勧めします。
個人的には処女作、『100万ドルを取り返せ』のコン・ゲーム作品が気分爽快になれて大好きです^^

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://50or.blog71.fc2.com/tb.php/97-f064ab78

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。