スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

即効性と見返り 

google newsで『タミフル 副作用』検索。




一昨日の夜の時点で熱も下がり、昨日は9:00過ぎには出社。
メールを片っ端からやっつける。結局全てを処理できなかったけど。
というか、普段の業務時間内でさえ処理できていないのだから、そりゃ当然だけど。
とにかく再来週には発売となる商品に関して、在庫状況、出荷プロセス、コスト再計算、取引先との契約等々・・・まだまだ山積みのタスクをやっつけてしまわないと危ない時期に入ってきているので焦りまくり。
加えて、それをPRしたり直販したりするWEBサイトの整備も追いついていない。
よくまぁ頭が廻ったなと、自分でも感心するほどの業務処理だったと思う。
(aliさんをも遠隔操作で使ってしまったしね(笑)。ありがとう、無事フォーム化できました)

午後は、薬の作用か(?)脂汗がダラリダラリと額を落ち始め、とうとう周りから「バックレちゃいな、ヤバいよ」と囁かれるようになってしまい、「それじゃ・・・」とソッとフェードアウト。


3月28日にプロジェクト第二弾の商品が控えている。
これも追い込まなければならないのだけど、第一弾が上記のような状態なのでなかなか満足のいく進捗状態まで持っていけていない。
さて、どう追い込むか・・・来週からまた、詰めまくりで頑張らなくては。




冒頭で挙げた『タミフル』。
無知な市民の代表格である僕なのでインフルエンザの宣告を受けた以上、「インフルエンザを押さえ込んでくれるのはタミフルだ」と言われれば「はぁそうなんだ」と納得して飲んでいただけ。
なので、「飲まなくても頑張って治せる」のか「他に良薬がある」のか等々を知らないで、今回は素直に処方を受けてタミフルに救ってもらった(と思っている)。
実際、あの高熱が何日も続くようであれば本当に消耗しきっていたと思うので、それを二日ほどで押さえ込んでくれたことには非常に感謝している。
確かに、今回取り沙汰されているタミフルもしかり、僕の持病である喘息の頓服薬もしかり、即効性の高い薬はつまりそれだけ身体に強力な刺激を与えるので負荷は凄まじいものになると思うし、危険性も高いと思う。
けど、今回タミフルで論じられている「異常行動」・・・
別に誰の肩を持つわけでもないけど、今回久々にインフルエンザ罹患してわかったのは、高熱にうなされてれば特定の薬を飲んでいようが飲んでなかろうが、意識朦朧ならば何が起きてもおかしくはないのでは、と。
一気に熱が上がったと思われる夜のこと、会社から帰る途中で栄養ドリンク飲んでその瓶をゴミ箱に捨てようとしたら、ゴミ箱と自分の距離感覚がわからなくて3度も入れ損なって、結局路上で瓶を粉々に割ってしまった。
もし他人視線で自分を見ていたら、「コイツ頭おかしいんじゃないか?」と思ってたと思う。それほど3次元感覚が狂っていたから。
ということは、タミフル飲んでいなくてもその日の夜に車に轢かれていてもおかしくなかったんじゃないかと。


その強力な効き目を身をもって知った僕としては、タミフルが何かしらマイナス面を持っている可能性があるかもしれない、とは思っている。
タミフルとは何ぞや、きちんと警告を発することは必要だと思う。


でもその前に、家族や恋人が熱でうなされ始めたら、何はともあれベッドに縛り付けなきゃね。








過去90日間に書かれた、タミフル 副作用を含む全ての言語のブログ記事
テクノラティ グラフ
このグラフをブログに貼ろう!
スポンサーサイト

Comments

▼かわせみさん

まぁ、それが「科学の神秘」みたいなものなんでしょうね。
全て解明されると、それはそれで社会貢献度はとんでもないものになるのでしょう。
難病治療など、その恩恵を享受できる人は物凄い数になるでしょうね。
が、今でさえ先端科学を悪用する事例や事件が多いわけで、解明が進めば進むほどそのリスクも高くなりそうで怖いです。
ロマンや空想も無くなってしまうだろうし・・・
ということで、死ぬまで実験台として頑張っていきましょう(苦笑)

(決して解明や研究を否定するものではありません。自分も喘息背負ってるし、インフルエンザの地獄からも救ってもらえたし、レーシックの恩恵も受けているし・・・)

そうなのですよ。それに沿った基準だと私もOKの範囲に入るのです。コレステロールに限らず、人間の体に関する数値というものは、ある意味いい加減なもので、言い換えれば人体実験のようなものなのでしょうね。だいぶたって、あとからその効果もしくは影響が判明する、ということですね。

▼かわせみさん

僕も今回は一体何を口走っていたか、非常に気になります(笑)
一応、回復後もカズの対応は変化無いので、特に問題発言は無かったようですが(笑)
インフルエンザではなくて良かったですね!
コレステロールの話、なかなか興味深いです。
僕も30代前半から一気にコレステロール値が右肩上がりなのですよ・・・(苦笑)
http://www.google.com/search?hl=ja&lr=&ie=UTF-8&oe=UTF-8&num=50&q=%E3%82%B3%E3%83%AC%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%AB+%E9%AB%98%E3%81%8F%E3%81%A6%E3%82%82%E8%89%AF%E3%81%84

高熱のときは確かに頭がおかしくなってますよ。子供が小さいころ、しょっちゅう高熱を出していましたが、寝言で妙なことを口走ることが多かったですよ。

ところで、私のことですが、どうもエンザーではなかったようです。ラッキーでした。若いころ(35歳くらいまで)はエンザーにもよくかかっていたのですが、それ以降かかったことがないのです。

ワクチンをうっていたからということでもないので、不思議なのですが、ひとつだけ気になることがあります。そのころから始まった体重の増加とコレステロール値の増大です。
どこかで見たのですが、コレステロールは低いほどよいわけではなく、どちらかというと高めの方が体にはよい、と書かれていました。特に炎症とかには効果的とか。それが理由でしょうかね。

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://50or.blog71.fc2.com/tb.php/95-f44381e0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。