スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いきなり開眼 ~ しかも、瞳孔 

瞳孔バッチリ開いちゃって、焦点が合わない時間を過ごした。
なかなか面白かった。

今日、いきなりレーシックの術前検診に行った。
友達がご懐妊とのことなので。

「風が吹いたら桶屋が儲かる」だな、これじゃ(笑)


1.ずっとレーシックには興味あった
2.どの病院(クリニック?)で手術するのが良いのか、決めきれずにいた
3.周りに何人か思い切った友達が居て、彼らがことごとく同じクリニックに行っていた
3.季節的にバイクに乗る機会も激減
4.仕事も一段落、年明けからまた忙しくなりそう
5.既に経験済みの友達がご懐妊、プレゼントどうしよう
6.その彼女がレーシック割り引きクーポンをプレゼントしてくれると言う
7.その彼女には、紹介者としてキックバックが入る
8.これを彼女のベビーへのプレゼントにしよう!

ということで早々に有楽町駅前の某クリニック予約。
まゆさんあたりは「もっとしっかり調べた方が良いんじゃない?」とお思いかも知れないけど(苦笑)、今回は考える前に行動に移してしまった。

細かなプロセスは、まゆさんのBlogに非常に親切で詳しいレポートがあるのでそちらを(苦笑)。
『小確幸な日々』http://blog.livedoor.jp/ima0515/archives/cat_50010164.html

長い長い検査の後半、角膜や瞳孔を麻痺(?)弛緩(?)させる点眼薬を垂らされ、短期的に超老眼化。
遠くは見えるのに近くは携帯のメールの文字さえも全く読めない。
検査が終わってから会社に帰ってやっつけなければならない仕事があったのだけど、当然メール・ベース。
一通のメールを読んで返信を打つだけでどれほどの時間を要したか・・・

術後裸眼視力は1.5以上になるでしょう、という診断。
眼球関係も特に問題なし。
過去に「緑内障の可能性がある」と言われたことがあるが、今回きちんと事前に申告したにもかかわらず、特筆されることは無かった。

手術日はこれから調整。
眼鏡レス生活が楽しみだ。


しかし・・・
スタッフが多かった。(中にはボーっと突っ立っている者も)
それと、ズラリと所狭しと並んだ検査機器の数は圧巻。
あの立地を考えると、過去にオフィスビル賃貸仲介に携わっていた感覚だと、とんでもない賃料が動いている筈。
しかもあれだけのスタッフを回す人件費、そして検査機器のリース(?)。
膨大な広告出稿料やパンフレットにチラシ・・・。
結構な額の固定費を吐き出し続けてなお、廻していけるということは・・・
まだまだ施術料は下がるな。





帰りに、会社の近くで"積ん読"在庫補充



高村 薫 / 講談社
Amazonランキング:97489位
Amazonおすすめ度:
私も惚れました
男と男の関係が分かっていないなぁ
生まれて初めて男に嫉妬





高村 薫 / 新潮社
Amazonランキング:154316位
Amazonおすすめ度:
鋭い人間観察と社会観
一応読んでおいてもいいかも。
高村薫、記念すべき初めの一歩





東野 圭吾 / 講談社
Amazonランキング:7991位
Amazonおすすめ度:
やめられない。止まらない。
私は推理しないんで…
これは、袋とじの解答が間違っている(笑)





初野 晴 / 角川書店
Amazonランキング:174987位
Amazonおすすめ度:
透明感
少年のその後が知りたい
☆★




本棚の状況は
ブクログ http://booklog.jp/users/gtspecial

にほんブログ村 小説ブログへ
スポンサーサイト

Comments

>まゆさん
下でもかわせみさんに答えたけど、もうね、勢い(笑)。
勿論、同意書にハンコ押す以上(というか既に押したものを用意していますが)、自己責任ですしね。
今はもう、楽しみで仕方ないです。
今日も取引先で盛り上がったのですが、眼の場合は「見えなくなる怖さや生活に支障を来たす怖さ」が強く、例えば歯の場合は逆に「歯の一本で生活に大きな支障は来たさないだろう」と思うのが普通だと思う。
けど、手術自体だけに限って言うと、歯の場合は明らかに「苦痛を伴い」そうだけど、眼の場合は「そんなに苦痛に怯えなくても良さそう」(いや、実際は知らないけど)、というイメージです。
あと二日と半日で、いま掛けている眼鏡とは一旦縁が切れます。
開眼(?)以降の書き込みにご期待を(笑)
  • [2006/12/06 01:34]
  • URL |
  • ごう もしくは >> まゆさん
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

ものすごく、今更なコメントですみません…。TB受信を通知していなかったので、TBに今気付いたところです。

調べなくたって全然かまわないんですよ。自分のことだから自分さえ納得できればそれでOK。
万が一失敗したときに、それは誰のせいでもなく、決定した自分のせいだと思える気持ちになっているのが大事なだけです。

私だって、よく読むと、かなり即決してるんですよ。キャンペーンに釣られて(笑)。
私は結局、価格で決めたようなもんです。今は、たぶんごうさんが受けるクリニックが最安値ですが、私が受けたときは、キャンペーンで、私が受けたクリニックが最安値だっただけです。こちらも同様に、超羽振りのよいビルでした。ある意味それも安心材料。新宿の一等地でしたよ。眺めも抜群の階でしたし。きっとあの価格でも、ぼろもうけ。だから、もっと高額な病院はなんなんだと思ってしまうけれど。

手術はいよいよ今週末ですね。
手術直後は、人によって症状が違いますが、私は何もできないくらい痛かったので、ごうさんも帰り道にはくれぐれもご注意を。
無事の終了と、開眼の報告を楽しみにしてますよ。

>かわせみさん
決断というより無策の勢いです(苦笑)
院内で色々と目に付いたのは、単純に待ち時間が長かったからと、雑誌を読もうにも目が虚ろで読めないから、ボーっと周りを眺めていたからです(苦笑)

レーシック、興味深いですね。私は恐がりなので、恐らく決断できないと思います。ごうもしくはさん、本当に偉いですね~。

それにしても検査を受けながらも、状況を把握し、相手の収益まで計算するところなど、流石に経験がモノを言っているようです。

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://50or.blog71.fc2.com/tb.php/9-5acdd9c0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。