スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

to kill you 

昨夜は、ツーリングチーム【Splendor】の新年会だった。
マーシーや皆さん、今年もよろしう♪
BigBenOwenそれにユカちゃん、幹事お疲れ様。

その時にBigBenとOwenに面白いことを聞いた。

僕は金曜にしこたま痛飲してしまったのだけど、そのトドメはテキーラ「クエルヴォ」のショット連投だった。

そのことを二人に話すと、彼らが面白い発音でテキーラを口にした。
曰く「トゥキィーリャ」。
んんん???
何度も問い直してやっと解った。
Tequila」→「To kill ya
なるほど、語感も意味もピッタリね(笑)
なんでもほどほどにしておかないと、死んじゃうね。


で、水曜・金曜・土曜と続いたアルクホールの排出のために、走る走る。
夜間走行用に、もひとつアイテムを導入。
GENTOS LED イヤーライト ER-88X

ちょうどオープンエア・タイプのヘッドフォンのような体裁。
樹脂製で軽く、LEDの輝度もバッチリ。これは使える。
コースを照らすという目的ではなく、対向者に対して位置表示のため。
いつものコースの路面状況はもうだいたい体が覚えたし、多少のギャップを不意に踏んでも下半身サスペンションが吸収してくれるようになったので、夜間でも照明無しで走れるようにはなった。
それよりも怖いのは、対向の自転車等に気付かれない場合。
そのために投入したアイテム。「to save me」。
ちなみにAmazonのレビューには「子供の耳掻きに最適」と(笑)


コロシのネタついでに(?)、読歴。
今読んでいるのは『私が彼を殺した』東野 圭吾。


東野 圭吾 / 講談社
Amazonランキング:22185位
Amazonおすすめ度:


東野ものは『天空の蜂』に続いて2作目なのだけど・・・
まだ「巡り会った」感を、この作家さんには持てていないな。
半分ほど読んでみてプロットには面白さを感じるのだけど、文体に親近感を持てない。
プロットや展開は好きなのに文体に馴染めないという意味では、山崎豊子もそうだな。
タイプは違うけど。

最近の読歴は・・・『ごう もしくは・・・の積んどく棚

にほんブログ村 小説ブログへ



過去90日間に書かれた、東野 圭吾を含む全ての言語のブログ記事
テクノラティ グラフ
このグラフをブログに貼ろう!
スポンサーサイト

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://50or.blog71.fc2.com/tb.php/74-93d62dab

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。