スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雑記1222 

17日の日曜、PC復旧終了。
W-Zero3との相性も元に戻り、これで予定管理やコンタクト先管理が元通り手元で出来るように。
最近はやたらと社外打ち合わせが多く、ドキュメントを持ち歩けるかどうか、外出先でネットに接続できるかどうかで進捗が変わってくるので、助かった。。。

.

横浜でDead Headsの忘年会が有ったが、残念ながら体調不良で行けず。
2007年は忍野?、天空、忘年会、顔を出したいな。

体調不良引きずったままの18日月曜日。
来年発売DVDの売り上げ目標数値の設定を殆ど一人で背負い込む。
会議の場で発表、腹を括る。
夜は急遽コンテンツプロバイダの人と飲むことに。
テンションを上げようとするも、結局上げきれず追いつけず。
久々に会った人なのでタクシー帰宅も辞さず、という気持ちだったのだけど、申し訳なくも途中でギブアップし終電で帰宅。

19日火曜日、前日に早々に引き上げたのが奏功し、やっと体調万全。
午前中の社外会議では、今後事業に参画してもらう新たな社外メンバーも交え、意義のある進行。

この日は、人間関係を色々と考えさせられる一日だった。
僕が最も信頼する人の一人が職場で行き詰ってしまい、今この瞬間にも会社を辞めそうな悲痛なメールが届く。
もう、頑張れとは言えないし言わない。
これまで散々頑張ってきているのを知っているから。
電話でちょっと話す。
辞めるのも続けるのも自身の納得の行く形で。
どう転ぼうが、いつでもあなたの相談には乗ります。

一方で、家族関係の中の一人が東京で転職先が見つかりそうだ、と連絡してくる。
奇しくも、対象としている2社が2社とも僕が勤めている神保町のすぐ近く。
こんな縁もあるのか。
ただ、ちょっと上手く転がりすぎているような気がしないこともない。
慎重すぎるのもどうかとは思うけど、勢いだけでイッちゃうのも、どうなんだ?
・・・と、半ば勢い退職して痛い目に逢った僕の感想。

僕自身の19日の夜は、精神的な大解放だった。@渋谷じゃんか

渋谷 じゃんか

札幌へ転勤が決まった某レコード・レーベルの社員の歓送会、僕が幹事をさせていただいた。
僕が名古屋で営業に就いていた頃に、同業他社の営業マンとして同じテリトリを回っていた人で、僕はとても可愛がってもらっていた。
その人を中心として、当時の名古屋では同業他社間を越えて凄く仲の良い集まりがあった。
その面々の大半が今、東京に集まっている。
これを取りまとめて7社20人弱を集めて歓送会を開いてあげた。
「名古屋を離れて以降、なかなか纏まった飲み会が出来ないね」との声をちらほら聞いていたので、それも手伝って皆が炸裂。
90年代後半の思い出話が至る所で花咲いていた。
送られる張本人はこの仲間たちと離れてしまうのは寂しいとは思うけど、ここまで盛り上がってくれる仲間がいることは嬉しかったと思う。
いずれまた会える筈。
仕事がやたらと慌しかったので動員をかけるのと店を押さえるので手一杯、プレゼントの選定を他社の人に任せた。
皆が「あいつに任せちゃったのかよ~大丈夫か?」と訝る中、皆の前で手渡されたプレゼントは全くもって脈絡の無いものだったけど、大好評。




猫好きの当事者もデレデレ。
二次会への移動中、渋谷の街を行きかう人々の視線を浴びまくり、ところどころでは見知らぬ人にも写真を撮られてご満悦。

20061222033606.jpg


もう、腹を抱えて笑い倒した素敵な6時間だった。
この仲間たちとは、これからも続いていきたいし続いていくと思っている。
もう飲み会の幹事的な作業は正直なところウザいんだけど、面子の殆どが僕より年上の方々だから当然といえば当然なんだけど、この面子ならこれからも喜んで幹事を引き受けようと思う。
最近カズがポロっと漏らしたんだけど、名古屋にいた頃の僕は、夜は殆どまともに家に帰らなかった。
(当時、僕が夜に帰らないからカズはゲーセンにはまっていたらしい。それを10年経って初めて耳にした・・・)
下っ端だった事もあって毎晩毎晩飲みに連れ回され、コンビニのレジ袋やゴミ袋を頭から被せられてタクシーに放り込まれた記憶は数知れないくらい。
当時は「もういい加減にしてくれ」状態だったのだけど、今思えば多少身体がキツくても楽しかったのは確か。
アルコールのみが人間関係醸成のツールでは無いとは思うけど、それがあったが故に今でも皆が小僧扱いして可愛がってくれている、という事実は曲げようが無い。
当時は幹事をしたところで「甘いな!」とか「どうなってんだ!」と叱責ばかりだったけど、今回は電話やメールで「お疲れさん!」が幾つも届いた。
多少なりとも満足してもらえたのだと、嬉しかった。
ちなみに、今の会社に転職して全く知らない業態の中で短期間に情報収集できたのは、この仲間たちが各レコード会社の中で上手く機能していて、そこを突破口に芋蔓を辿り各社の担当者へのルートを一気に開拓できたから。
そういった意味でも、まとめて?お礼を出来た場でもあった。
クメちゃん、戻ってきたらいつでも飲み会セッティングしてあげます!
札幌でも元気で頑張ってね!



今関わっている二つの大きな仕事、両方ともが非常に慌しい。

20061222033635.jpg


そのひとつ、パッケージ商品の販売事業は、いよいよ来春に発売を控えてドライブ。
プレスしてパッケージ組む工程を組みつつ、在庫する倉庫業者との契約事、出荷等のオペレーション体制の確立、仕入先の開拓と捩じ込み営業、販促プランや宣伝プランの立案・・・
もうひとつ、配信事業は、アライアンスの整理や新規コンテンツの企画制作、それを行うための外部スタッフとの企画ミーティング、サイト自体のプロモーションや露出獲得、協賛営業・・・
この二つの事業の両方に関わる関係者はごく少数で、それぞれの事業で対面相手が違うので登場人物の多さで若干パニクっている。
しかも、この二つをまとめた「プロジェクト」呼称の下で動いている実働部隊は僕一人。
直上に取締役が居る直轄プロジェクトなのだけど、70人から居る会社の中で、たった一人毛色の違う仕事に携わっている。
仕事面で社内の人たちと事を起こす事が極めて少ないので、会話も無い。
社外で沢山の人とミーティングしたりはしてるけど、実は毎日毎日、社内では殆ど口をきかず黙々とPCに向かっているか喫煙ルームでタバコを吸っているか。
隣のデスクに座っている社員と最後に会話したのは、恐らく数週間前だと思う。
考えてみれば、とても孤独だ。
孤独だけど、名刺の数はどんどん増えている。
それだけ人と接触しているのは確かで、社内で感じる孤独感も忘れてしまうほど、ということなのだろう。



今の、この生き方で、いいんだと思う。

スポンサーサイト

Comments

>かわせみさん
長文にお付き合いいただき、ありがとうございます。
人間関係、大事にしていきたいと思った日でした。
  • [2006/12/24 21:19]
  • URL |
  • ごう もしくは >> かわせみさん
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

PC不調でご無沙汰していた分、一気に書き上げたという感じですね。勢いがリアルに伝わってきて、こちらも一気に読んでしまいました。良い仲間をお持ちのようで、今後も大丈夫そうですね!

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://50or.blog71.fc2.com/tb.php/46-32f09c84

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。