スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

好きなバンド ウラニーノ 

などという、中学生の日記のようなタイトルで。

前にも日記でちょっと触れたことのあるバンド、ウラニーノ。

自分が販促を担当しているアーティストが対バンLiveに出たときに、初めて目にした。



B'zのラヴ・ファントムが流れ始めて登場したのは、およそ男前とは言えないメガネ野郎。
ほぼ一曲まるまる、観るも情けないエア稲葉をかまして、会場を苦笑とドン引きの極寒空間に。

それを宥めるように出てきた他の面子が淡々と演奏を始める。
これが、ついさっきまでの気でもチガッタかのようなオープニングを演出するバンドなのか、というくらい、じわっと沁みてくるいい演奏をする。
先ほどのエア稲葉ヤローは、淡々とベースに徹している。

演奏は、叩き上げてきた感が充分伝わる安定感。
メロディーが綺麗で、ワンコーラス目で耳にきっちりと足跡を残してくれるからツーコーラス目ではサビが口ずさめてしまうほど。

ヴォーカルは、線が細く軟弱でひ弱。
けど、それが逆に耳にこびりつく。



なによりも惹きつけるのは、その世界観の作り方。
歌詞に引っ張り込まれたのは久しぶりだった。
あからさまな心情吐露は、危なすぎるストーカーだったり、とろけすぎな甘ったるさだったり、アマチュアバンドらしさに溢れる清清しさだったり。。。


その場でCDを2枚買ってしまった。
そしてそれは、今では何度聴いたかわからないくらいの愛聴盤になってしまった。


ジックリとワンマンライヴを観てみたい。


ウラニーノ
http://www.uranino.com/
http://www.myspace.com/uranino
このMySpaceの「6月のタイムマシーン」、好きだ。

公開されている歌詞は少ないけど、好きな曲のひとつが
http://www.evesta.jp/lyric/artists/a332720/lyrics/l104197.html
これもいいな
http://www.evesta.jp/lyric/artists/a332720/lyrics/l104196.html

Vo.山岸の日記は、Liveを経験した上で読むと笑いどころが満載。
http://www.uranino.com/diary/diary_y.cgi


最近、NweSingle「終着駅」が発売になったみたい。
この曲も、初めて観たLiveでやっていた。
曲調も歌詞も忘れたけど、聴いているときに頭に浮かんだ情景は、凄く強烈に残っている。

スポンサーサイト

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://50or.blog71.fc2.com/tb.php/454-4390516e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。