スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カズ命名「クロシマゴウクイウオ」 

20080829194509
20080829194506
恥ずかしながら、今夜の夢に出て欲しくない、と思うくらいビビった。

今日は、黒島は仲本海岸へ。
最近めちゃくちゃ忙しく、この旅のプランなんてこれっぽっちも考えて無かった。
カズの頭の中には色々とありそうだったので、申し訳無いけど自分で考えるのは放棄してカズのプランに従うことに。

仲本海岸は珊瑚礁に群がる魚たちの魚影が濃く、ちょっと浜から出ただけでいくらでも魚たちにお目にかかれる。
小さなコバルトブルーの大きな群れや、グラデーションの綺麗なカワハギ(?)、フエダイ(?)やらツノダイ(?)やらエンゼルフィッシュみたいのやら。
50cmはあろうかという、名前のわからない派手な魚は、ナポレオン?
そいつがガリガリバリバリと貝や珊瑚を噛み砕くさまには、シュノーケルを吐き出しそうになりながら「うぇ~っ!」(すげ~っ!)と声を上げてしまった。

場所を変えてシュノーケリングしていた時。

水深3m程の海底で、上で書いた大きな魚の、しかももっとデッカイ奴が餌を漁っているのに気付く。
プカプカ浮いてじっと眺めていたら、フワ~っと浮き上がってきて目の前まで鼻ヅラを寄せてきた。
おお~っ!
恐らく1mはあろうかという大物。
開いた口の中に見えるのは、貝をバリバリ噛み砕く頑強そうな歯。

スッとまた海底に向かい、少し経つとまたフワッと浮いてきて触れる事が出来そうな近さまで近づいてくる。

それを何回か繰り返してくれて、こちらは大満足。
場所を変えようと泳ぎ始めたとき、ふと気配を感じて振り返ると、歯を剥き出しにしたさっきの魚が、爪先に食い付こうと足の周りを追尾してきていた。

ゾッとした。

蹴りを繰り出してもスッと身を翻し、空振りした爪先に猛然と食い付こうとする。
立ち泳ぎしながら、足の周りをウロウロと周回するそいつに何度となく蹴りを繰り出すも、かわされ追われの繰り返し。

焦るあまり、シュノーケルから海水吸ってしまいパニック。
慌てふためいて挙げ句、ゴーグル浸水。
溺れそうになりながらクロールで岸を目指すも、まだかなり遠い。
つまり、ヤツの庭。
浸水したゴーグル越しに振り返ると、あれだけけたたましくキックで水面叩いているのに、まだ追尾されている。
死に物狂いで浅瀬に辿り着き、海底に立ったところで断念したらしく、スッと沖に戻って行った。

ゼイゼイ言いながらゴーグルとシュノーケル外す。
涎と鼻水でグジャグジャ。
久々に全力で泳いだため、カラダもグッタリ。

たかがサカナ如きに

と言うなかれ。
そもそもあんなサイズの魚が接触出来る程近付いてきたこと自体が、良くも悪くもショッキングで非日常的。
そいつが、間違い無く爪先を目掛けて食い付こうとしてきている様は、輪をかけて非日常的。
しかも、さっき、その頑丈そうな歯を目の当たりにしていて、貝や珊瑚を噛み砕くさまも見ていたから。
フィンを履いていたなら、先っちょをかじらせて様子を見てみるけど、ブーツ履いているとは言え、柔らかいゴム越しにではガリっとひと噛みでやられそうだったから。

岸に上がってカズに話す。
腹を抱えながら「凄い凄い!ゴウクイウオ!」
先日から「深海のyrr」を読み進めているカズは、「それはyrrに乗っ取られてるんだわ!」と悪ノリ。

今、文字にしている時にも、思い出してゾッとしているのに。

疲れた。

海は、凄いね。

(旅行中の写真は随時、前エントリのフォト蔵にアップ)

スポンサーサイト

Comments

迫力の臨場感です

思わず足を縮めてしまいました(笑 
ジョーズさながらの展開ですね! 恐ろしい・・
美しい海に獰猛?な魚。風景コントラストが面白おかしいです♪
腕の焼けっぷりも凄まじいですね^^

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://50or.blog71.fc2.com/tb.php/393-303f6540

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。