スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自分の文面が尖っていたのも認めるけど・・・ 

僕自身を"ごう"、カズを"カズ"、そして僕が社会人として最初に働いた不動産業者で同期で頑張っていた同僚を"T"として。
僕はその会社を辞めてからレコード会社、携帯キャリア系の会社や今のプロダクション等、転々と転職してきた。
"T"は、その不動産会社の保険代理店部門のエースだったのが、その会社が保険部門のみ切り離して売却した際に一緒に大手代理店に移籍、より一層損害保険業界のエキスパートに。
今でも彼のノウハウや知識を信頼し、年に一回程度だけど飲みに行く機会があれば盛り上がれる彼とはずっと繋がっていて、僕自身の保険は勿論、カズの損害保険関係も彼のコンサルティングで加入しているものが殆どだ。
しかも我が家は、マンション保険という我が家最大の数十万の保険も、彼のコンサルティングで加入している。

その彼との、ここ数回のメール履歴。。。

==================

●ご無沙汰。
●急に"カズ"宛で、うちが御社で加入している損害保険に関して別の会社にその権利や運用を移動する事になったという案内が飛び込んできたんだけど、これは一体何?
●「諸般の事情により」と一文が添えられているだけだけど、一体どういうこと?


==================

◆ご無沙汰です。びっくりしたと思いますが案内の通りです。
◆いずれ"ごう"のところにもとにも届きます。俺は別部門に3月頃異動です。


==================

●いや・・・
●「案内の通り」の、案内の背景がわからなくてメールしたんだけど・・・
●諸般の事情って?
●そこが不気味なんだけど。
●あれでは唐突過ぎて。


==================

●結局、どういうことなんだろ?
●まだ俺宛には何も案内届かないけど。
●保険事業の切り離し?
●相変わらず不気味な感覚を抱いたまま。
●案内に書いてある事由が希薄で。
●というか、事由説明はある意味、記述されてないよね。。。


==================

◆簡単に言うと人を含めた部門の売却です。
◆新しい代理店は個人や中小企業に特化しているので決まりました。
◆迷惑かけるけどよろしくお願いします。


==================

●お疲れ様です。
●"T"としても忸怩たる思いなのかもしれないけど(事実は知らないけどそう思いたい)、その"T"自身や"T"が勧めてくれたサービスを信頼していた人間からすると、非常にアッサリとしたメールに愕然としました。
●マンション保険のような大型保険も建主斡旋を蹴って"T"の提案を受けたり、"カズ"がバイクで事故を貰った時にはそのフォローにも感嘆したりと、とても信頼していたんだけどね。
●淡々と切り捨てられた感を抱かせるメールに、少々やるせなさを感じてます。


==================

◆"ごう"の信頼を裏切る結果になったことは正直申し訳なくおもっています。
◆ただ、大規模企業に特化していくうちの会社にとって将来に渡って安定したサービスをこのマーケットに提供できないのも事実です。
◆最適な代理店を選択したつもりですが無理じいするつもりはありません。
◆知り合いの代理店にかえるのであれば対応するので言って下さい。
◆最後にうちの都合で不愉快な思いをさせてごめんなさい。


==================

●いや、企業だからそういう選択に至ったことは仕方無いよ。
●恐らくそういう事情なんじゃないかと思ってたし。
●それならそれでいいんだけど、それをきちんと伝えてくれなかったのが残念だった。
●そこにのみ、不信感を持った。
●◇◇社として選択した会社なんだから、それは信用しようと思う。
●信用していいんだよね。
●ずっと"T"にお世話になってたから他に知ってる代理店なんて無いし。


==================


その後、レス無し。


凄く親身になってコンサルティングしてくれていた彼だった。
だから、こんなメールを送ってくるのには何か事情があるはずだ。
しかし、WEBでその会社の情報を掘っても何も見えてこない。
返ってくるメールはいつも淡々としている。
不安が募る。
僕の付き合いで加入させているカズは、僕以上に不安感を露わにする。
会社に対しての不安が、個人に対しての不信に転じた。
彼は今でも、大型保険の契約のために元居た不動産会社の同期とは付き合いが深いと思う。
僕は個人ベースでしかその不動産会社の同期とは付き合っていない。
たまにその不動産会社の同期会がある。。。

「メールじゃなくて電話で話せよ」、というだろうね、誰かさんは。
ただね、Harley盗まれたときに、やり取りの履歴を残しておく事の重要性を身にしみて実感させられたので、こういうケースはとことんメールにこだわる。


信頼とは。。。



昨日は風邪でグロッキーだった。
今日はどうにか出社したけど、ずっとドーピングしまくりだった。
で、やっと我に返ってきて、このメールのやり取り。
落ちるなぁ・・・

スポンサーサイト

Comments

▼syacho

>「誰かさん」って、俺のことか?w

さすがに勘がいいね!
・・・といきたいところですが、別の人を頭に浮かべていました(笑)
でも、確かにsyachoも言いそうだ(笑)

結局あの後も、一切向こうからは接触が無いんだよね。
保険なんて、ある種の信用商売じゃない。
どうかと思うんだよな・・・

久々にコメント、ありがとう!

久しぶり。

「誰かさん」って、俺のことか?w

確かに不信感が募るやりとりだなぁ。
俺も学生時代の同期に保険屋が居て、生保やクルマの保険も、彼に任せているんだが。
彼が保険会社から独立して、いわゆる「代理店」になったとき、
保険会社からの通知が先に来てその行動を知り、結果的に事後報告となったことに
激しく怒ったことがあったのを思い出した。
「お前を信頼して任せてるのに、先に報告しないって、どういうことだよ!」とね。
まぁ、俺の場合は保険の内容等が変わることはなかったし、もともとの信頼関係も強かったので、
その後も良い関係は続いてるけどね。

君の相手(保険屋)が他への乗り換えを提案してくるというスタンスには、ヤバそうなものを感じるなぁ。

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://50or.blog71.fc2.com/tb.php/316-0e811aa1

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。