スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

で、れく 

に、行ってきたわけです。。。

The Derek Trucks Band Live@恵比寿ガーデンホール。

もう、驚嘆、の一言でしょう。
極上のオンガクをご馳走様です。
ひっつめ髪の無表情なギター侍に、あれよあれよの2時間半、切られっぱなし。
勿論、デレク一人とその他大勢というわけではなく、アンサンブルも楽しくて、特にヴォーカルはそのスモーキーな声が良かったし、キーボードもデレクと共にドライブをかける。
でもやはり、ひとたびギターソロのパートに入ると、鋭いスライドと魔術を見せつけるかのようなフィンガーピッキングに釘付けに。

スライドのノイズとフィンガーピッキングのお陰でギター自体がパーカッションのような効果も効かせるから、スピード感のある曲では残念ながら椅子席だったけど身体が勝手に動く。
メロウに泣かされたり、ラテンで盛り上げられたり、ブルースで枯れさせられたり、ロックで走らされたりと、飽きる事も無かった。
ドブロがまた、チビッてしまうかと思うくらいカッコいい。
久々に北米系音楽のコンサートに行ったわけだけど、凄い刺激を受けた。
AllmanでのWarren Haynesとの鬼気迫る駆け引きを、本当に観たくなってしまうな。
ご馳走様でした♪


スポンサーサイト

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://50or.blog71.fc2.com/tb.php/282-48f99710

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。