スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うまくいくのさ 

取材仕事は、うまくいった。
こういう仕事は、前後の時間をどこまで読めるかが重要なのは解っているつもり。
どんな対応でも出来るように、「プランA」や「Bパターン」や「C計画」やら「オプションD」やら・・・色々な事を想定する。
しかし、今日みたいなアクシデントは・・・

なかなか無い。珍しかった。
その分、バッタバタだった。


けど、結果的にはオーライで、非常に満足度の高いインタビューとなった。
うまくいくのさ。



その後、目黒へ。
結婚のパーティー。

僕の一番下の妹の友達が新婦であるこのパーティー、とても楽しめた。




皆のやんやの声援を受けて、ケーキそっちのけで、グイッ、チュッ。
なかなか良い写真が撮れたと思う。

一番年下の妹は、僕と9歳離れている。
その妹自身も既に一児のママ。
その同級生の彼女は当然、妹と同じく30歳?31歳?

僕は高校卒業して鳥取を後にして神戸の大学に進んだ。
その時、一番下の妹や今日の新婦はまだ小学生。
妹の仲良し3人組は、そりゃお子様だった。
大学時代に車で鳥取に帰省した際に、中学生になったばかりのこの三人娘を保護者代わりで初詣に乗せて行ったことがあった、まだまだいたいけな少女達だった。
僕が社会人になってそれなりに年齢を重ねた頃、やはり帰省時に、3人の酔っ払いに足として呼びつけられてそのままその3人を詰め込んだ車でドライブしたこともあった。
久々に会った娘達は、驚くべき事に、女子大生に化けていた。
僕の中ではあどけない女子中学生の少女達が、だ。

そして今日、彼女達は歳相応の経験を重ねたオンナの様を、僕に見せてくれた。
僕の中ではあどけない女子中学生の少女達が、そして知らない間に女子大生になってしまっていた娘達が、だ。

生まれてからたった8年しか一緒に暮らした事が無く、つまりは20年以上その成長を眺められなかった妹、そしてその友達に、僕が一般的な成長曲線を当てはめるのは無理ってもの。
その彼女が目の前で幸せそうにキスを交わしている光景は、なんとも微笑ましく、そして激しくショッキングだった。

会場が30歳前後のボルテージで盛り上がるであろう事は何となく想像していたし、新婦を含めた3人しか知り合いの居ないオッサンはパーティー会場では浮くだろうな、とも思っていたので、一人そこを抜け出してどこかでもう一杯飲んで帰ろうかと思っていた。
けど、なんとなく二次会にも足を向けてしまった。
仕切り役のちょっとした混乱があり、そこまでする必要も無いのに何故だかテーブル確保の仕切りは僕がやっていた。
30歳と31歳の男女が10名くらいに、シジューに手の届くオッサンが一人。
気さくなキャラクターばかりが顔をそろえたため、そして人生の充実度が急激に右肩上がりしている世代が集まっているため、それはそれは盛り上がる。
全く見ず知らずの僕に臆する事も無く、遠慮するでも無く、彼らの彼女らの人生が語られていく。
自分の9年前と照らし合わせつつ、とても楽しめた。
そんな肴が美味いものだから、ちょっと飲みすぎた。

タエちゃん、うまくいくのさ。
お幸せに。
カナちゃん、うまくいくのさ。
楽しんで。
そして、一緒に飲んでくれたみんなもね。
ありがとう。




・・・けど、二次会への流れは仕切り悪過ぎっぞ、コラ!(笑)

スポンサーサイト

Comments

▼クマちゃんも同年代なのか・・・

自分の事では無いけど、ありがとう♪

・・・いや、チカラ抜けてるよ(笑)
忙しいのを楽しんでいるかも(笑)

あ。なんか久々に、ごうのチカラ抜けてる感じ☆
楽しんできたのね(*^_^*)おめでとう☆
  • [2007/11/19 10:53]
  • URL |
  • 妹ちゃん達と同じ年式のクマ
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

▼かわせみさん

おおぉ~・・・30歳では怖いものなしだったんですね!
僕なんか、おっかなビックリでしたよ!・・・なんて(苦笑)
でも、物凄く充実していたとは思います。

しかし、本当に彼らの会話は聞いていて清々しかったです。
ちょっと度を越す下ネタもありましたけど、それもやはり、エナジーが有り余っているからなのでしょう(笑)

来年40を迎えるにあたり、いよいよ怖気付いていきそうな気がする、ごうでした。

▼Mizoさん

30歳にもなってるんだから、頼むよぉ~、しっかりしてくれよぉ~・・・という感じでした(笑)
寒空の下で新郎新婦を駆け回らせたり、来賓妊婦を立たせたままにしておいては失礼です。
居酒屋でのテーブル確保もしかり、もうちょっと高い精度で人数を読まないと。
でも、そういう仕切りも楽しかったですよ(笑)

*このエントリは、ブログペットのペットである「ごう」が書きました。

怖いものなし

>人生の充実度が急激に右肩上がりしている世代

そうでしたね! 確かに30歳前後は、二十才の頃とは違った意味で怖いものなしでしたね。もっとも、50才前後にして、またもやある意味で怖いものなしになっていますがね(笑い)。

>そこまでする必要も無いのに何故だかテーブル確保の仕切りは僕がやっていた

さすが、いいところがありますね!
経験の差を見せることができたのではないでしょうか。

*このエントリは、ブログペットの「Mizo」が書きました。←嘘

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://50or.blog71.fc2.com/tb.php/273-4c97062b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。