スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

音もの日記 

今ではある種アイドルの領域に踏み込んでいる「蒼井そら」のBlog『蒼井そら★今日のSOLA模様』。
表情からは想像も出来ないような淡々とした文体が結構好きで、RSSリーダーに登録している。

今日、RSSリーダーが拾ってきたその最新エントリで・・・
「旋律が走る。」(恐らく「戦慄」を間違えたのだと思うけど)
と表現されていたのが、ゆっぴちゃんの「メロンパンの歌」
先日の日記でもちょっと触れたけど、これ本当に波が来そうだ。

擦り切れないで欲しい。
そういった意味でも応援。





全然、違う話題を。

これはこれは!
僕の方は、これに戦慄を覚えた


Whitesnake 『Live: In The Shadow Of The Blues』


もう、諸手上げてバンザ~イ!
家で聴いていても、iPodで聴いていても、ゾクゾクが止まらない。
気持ちいいっぱなし(変だ)

内容は、正直なところ『David Coverdaleの過去遺産~在りし日のメタル世界、発掘展示の旅』でしかないと思う。
ただ、これを当時とは違うメンバー、特にメタルの要であるギタリストを入れ替えた編成で、これでもか!これでもか!と精巧精緻に再現している。
そのカヴァーというよりもコピーと表現した方が良さそうな再現パフォーマンスを、「スタジオ・レコーディングにホール・リヴァーヴをかけてオーディエンスのリアクションを重ねただけじゃないの?」と突っ込んでしまいたいくらい、Live盤とは思えないような分離の良いサウンドで聴かせてくれる。
とにかく耳に心地好いバランスで作ってある音像が、ゾクゾクさせる。

こうやって聴いてみると、John Sykesというギタリストの作曲能力が(個人的嗜好だけど)如何に凄かったかを思い知らされる。
およそ品行方正とは言い難かったらしいそのギタリストの生み出した音楽が、Tygers Of Pan TangThin LizzyBlue Murder時代も含めて、僕は好きだ。
今ではWhitesnakeのギタリストの座はDoug AldrichReb Beachという二人が占めているのだけど、この二人がまた、良くも悪くも職人気質なプレイでキッチリとJohn Sykesの音やフレーズを奏でるものだから、なんだか幻影を観ている様な感覚さえ覚える。
そのバックはTommy Aldridgeオヤジの重厚なドラムで基礎が組まれ、なになに?Christina Aguileraのバックなんかも務めているの?Uriah Duffyというベーシストがセッション・マンらしくきっちりと土台を作り上げている。
無遠慮に言ってしまえば「David Coverdaleと職人バンド」的な編成で、John Sykesのように綱引きを出来るような強烈キャラのバック・メンバーが居ないのは少々・・・いや、かなり没個性なんだけど、その分、安心度は極めて、本当に極めて高い。
当時のヘヴィ・メタルは極論を言ってしまえば「予定調和」がキーポイント。
ということは、安心度ってのも重要なキーワード。
このアルバムには、誰しもが納得できる予定調和満載の優れた楽曲群と、それを全て先読みしながら聴ける安心度に満たされている。
なんだか無茶苦茶けなしているような日記だけど、「それって良し!」ということ。
ニッポンジンは、これが大好きだと思うなぁ・・・

あ、David Coverdaleのパフォーマンスについて書いてなかった。
オッサン、びっくりするほど声が出てる。
数年前に仕事でScorpionsのライヴを観たことがあるけど、その時にKlaus Meineのヴォーカルに舌を巻いた。
さすがにステージ上での激しいアクションは望むべくも無かったけど、その強靭な咽喉と使い方にはびっくり。
その時のことを思い出させられたのが、このアルバムでのDavid Coverdaleのヴォーカルだった。


はぁ・・・
ちょっとアツくなってしまった。

なお、アルバムに付いてきたライナーノーツには一切目を通さないで書いたので、情報が間違っていてもご容赦。



SCORPIONS来日
HELLOWEEN と GAMMA RAY のコラボ来日
MEGADETHも来るのか
DREAM THEATERは、一度生で狂ってみたい
RATT/WINGERなんてのも

ん?WINGERのギタリストって、Reb Beachじゃなかったか?

スポンサーサイト

Comments

▼まえの

そうそう!
僕自身、残念ながら、まだ生では観た事も会った事もないのです。
どんどんメディアに出てきてるよね。

▼かわせみさん

かわせみさんの擦り切れっぷりも、良い感じですよ(笑)。

でも実際、ここは勘違いしがちなところです。
ここで書いている彼女のほうは、「ある意味」絶大な人気を誇っていますね(笑)。

優ちゃんの方も、儚げな可愛さがありますね♪

▼キース

引っかかったでしょう(笑)
インパクトあるよね。
特に、心の曇ってしまったオトナには。。。(爆)

あれ?

あれ? 蒼井優じゃなかったのね。寝ぼけてたかな。
ということはある意味で、擦り切れてるか・・

天空の彼女ですね。
僕は見てないんですけど
友達が絶賛してました…

PVやばいっすね~。
実物見たい!!

なるほど

擦りきれないで、的確な表現ですね!フラガール以来気になっている彼女ですが、本当にそうあって欲しいです。現実はどうかは知りませんが、そういう雰囲気を持っている、希有な存在だとおもいます。
  • [2007/10/10 22:48]
  • URL |
  • かわせみ@携帯
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

あ~

1ヶ月前ぐらいにNACK5(笑)で流れてて「なんだー!」って思ってたけど、正体はこれか!

来るね~。

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://50or.blog71.fc2.com/tb.php/254-a6fd9c7e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。