スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビックリドンビキー 

電車の中では、かれこれ一年近く座った事は無いような気がする。
ついでに書くと、エスカレーターも余程誰かと一緒に歩いているシチュエーションじゃない限り、使ってない。
そんなことは些細な事なんだけど、精神的なダイエット。

で、今日の帰宅電車の中。
テンションがおかしいのか、ネジをどこかで落としたか。。。。

いつも通り手すりにもたれて立つ。
立ったままウツラウツラしていて、夢を見てニタ~っと笑っていた。
笑っていた自分に気付き、ハッと目を覚ます。
前に立っていたサラリーマンが怪訝な顔で見つめている。
ヨダレ垂らしてなかったのが幸い。

文庫本を開いて読み進めるうちに、いつの間にかまたウツラウツラ。
夢と、すぐ近くで話しているOLとサラリーマンのカップルの話がどこかでシンクロしたらしく、「あ~、それは・・・」と誰にでも無く答え始めた自分に気付き、ハッと目を覚ます。
当然、すぐ横のその二人はドン引き。

自分にもドン引きしたわ。


月曜は深酒。
本来は僕が仕切る必要の無い送別会を、何故か仕切る羽目に。
それぞれの立場がややこしい相関関係を描いている会だったので、本当に背負いたくなかった。
物凄く・・・奇怪なノリ。
表面的には盛り上がっているように見えて実は腹の底は冷えていた、恐らく殆どの面子の。
二次会は同年代の放送作家さんとサシで。
これは楽しかった。
この人と仕事が出来る事をいつも嬉しく思っていた業界素人が、その相手から賞賛の言葉を貰えるなどとは夢にも思っていなかった。
心底嬉しかった。

たかの家』の皆さん、お騒がせしました。ありがとう。


火曜は火曜で、同業他社との懇親会で深酒。
僕と先方のマーケティング・ディレクターとが、それぞれ前の職場に居た時にちょっと接点があった。
今ではお互い当時とは別の会社で働いているのだけど、「これも縁」と、その接点を今それぞれが属している組織に広げてみたら、これが思いもよらずとても大きな意味を持ち始めた。
仕事の上でも、人間関係構築の意味でも、とても面白い会になった。
定例飲み会がまた一つ増えた。
こういうのって、大事なんだな。

その会がお開きになった後、前に勤めていたレコード会社の先輩が渋谷で呑んでいる、という話になり、そこへ合流。
面白くて刺激的な問答に身悶え。
やり甲斐だったのか? ポジションだったのか? ギャラだったのか? 責任だったのか? 裁量だったのか? 違うフィールドへ行きたかったのか? 人間関係だったのか? 出世欲だったのか? たまたまだったのか?
矢継ぎ早の質問は、まるで精神鑑定されているようだった。
ここでも、色々とありがたい言葉をかけてもらって、気分良くタクシーに乗った。
・・・のだけど、受けた数々の質問と自分が口にした答えの数々が頭の中でせめぎあってしまって、後になっていきなり悪酔いに突入した。

なんとなく行き着いた答えは、「チームを采配してみたかった」。
これが、2005年に会社を離れた理由だったような気がする。
「権限と、その責任」。

今働いているフィールドでは、僕はチームの采配を握っていない。
というか、社内的には独りプロジェクトだし。
けど、親会社の本社と横断的に接触し、事業に協力してくれている外部会社達との中でそれなりに発言権を持ててかつ責任を背負わされて、プロジェクト自体の現場での方向付けをある程度預けてもらえている。
ちょっとキツい場面が多いような気はするけど、それなりに充実しているとは思っている。

自分の在り方でもう少し見えていないのは、「指揮官」なのか「調整役」なのか。
そこでどちらなのか逡巡しているから、現場が戸惑うんだろうな。
ただ、会社として明確に「どちらの立場で仕事をしろ」と言ってくれない、というジレンマもある。
はは、ここで責任転嫁。



明日は10:00前には新大阪。
何時に起きるんだ?
ビッシリと会議会議会議・・・

金曜夜に戻ってきて、創刊したばかりのフリーペーパーの次号の入稿作業を一気にやっつける。
今の進行状況だと、恐らく深夜まで拘束されるんだろうな。
少ない編集スタッフという絶対的に厳しい構成で、かつ僕のような素人が半数を占めるというとんでもない環境で、よくもまぁ創刊できたものだ。
だからこそ面白い。

土曜は松本までひとっ走りツーリング
楽しみだ。
晴れますよう。

けどすぐにトンボ帰り。
日曜は千葉の興行現場。

ネジを落としてても気付きやしない。
まだまだ自分にビックリドンビキーしそうだ。



このマンションに移ってきたのが2003年のヤキニクの日だったことに、さっき気付いた。

スポンサーサイト

Comments

▼Ally-mcさん

ありがとう♪
そうですね、自分で「面白い」と、なんの衒いも無く書けてしまったことに、指摘されるまで気付きませんでした。
確かに、少々疲弊しているけど(苦笑)、充実感は感じてます。

Ally-mcさんも充実の一途じゃないですか!
より一層、楽しみましょう♪

▼かわせみさん

爆発炎上するくらいの勢いがあれば、まだいいです(苦笑)
プスプス・・・

▼Mizoさん

これ、キツいんですよね(苦笑)
しかも、幹事ですよ幹事!
いたたまれなかったです、自分が(苦笑)

▼零さん

もう、壊れてます(苦笑)
電車の中では、単なる「きもい人」です(笑)

しみじみ

読んじゃいました。
なんだかんだ言っても、締めくくりが「面白い」ってことば。
これは最高じゃないですか!!
辛さや困難の中にいてさえも面白いと感じられるのは充実している証拠です。
私の目標でもあります。

ねじ

>ネジを落としてても気付きやしない

どこかで聞いたような…
爆発炎上しないでくださいよ。

>表面的には盛り上がっているように見えて実は腹の底は冷えていた、

ありますねぇ、出たくないのに立場上出ないと行けない飲み会・・・・・
端的に言うと「『あいつ』と一緒の会合に居たくない」というやつです。

夢うつつと現実がシンクロする時の気持ちよさはわかります!!でも電車の中でしちゃったんですね~。アハハ。。。

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://50or.blog71.fc2.com/tb.php/228-248c4355

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。