スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

帰省行070811~070815 Vol.2 

今回はとにかくよく歩いた。

考えてみると、いつも帰省すると母親の車を借り出しては海岸を走ったり市街地に出たりするから少々広い円の中をウロウロしてはいるのだけど、実は自宅の周辺つまり徒歩圏内をのんびりと歩く機会は、逆に全く無いに等しかった。
これを「帰省時におけるドーナツ化現象」と名付けよう。

それが今回は、

先にも書いたけど、猛暑ではあったけど空気が綺麗なせいか、歩き回るのが苦にならなかった。
また、妹家族も帰省していたので彼らが海水浴やドライブに行っている間は車が無かったり、久々に都会の喧騒から離れられたからには誰にも煩わされる事無くのんびりと落ち着いて過ごしたかった。
お陰で、ここ十数年間歩かなかった近場を徹底的に歩く事が出来た。

ランドセルを背負っていた頃には遠いと感じていた小学校が散歩圏内だったり、三角ベースで野球していた頃には広いと思っていた公園が実はとても小さな公園だったり、豪邸だと感じていたアイツの家が実はごくごく普通の民家だったり・・・
かなり衝撃的な発見ばかりだった。

そんな散歩気分を盛り上げてくれたのが、空気の匂い。
何枚かの写真でわかるように、実家の近所には池があり畑があり草っ原がある。
青臭い原っぱの匂いだったり淡水独特の池の匂いだったりが、たまに通る車の排気ガスの匂いによって、むしろ強調される。
匂いも記憶の扉をこじ開ける。

湖山池。右側に写るのが実家。フェンスが出来て無粋になってしまったけど、この景色とともに育ったんだ。
posted by (C)gt-special
何を思う
posted by (C)gt-special

音も。
鳥取大学がすぐ目と鼻の先にあるので学生マンションやアパートの多い地域。
公共交通機関が脆弱、いや必要性が無いくらい車は多い。
しかし、都会のように反響する建物が少ないし、おとなしい車がのんびりと走っているくらいだし、土や緑が音を吸ってくれるのか、車の排気音が小さく遠い。
風の音や草木の出す音が圧倒的に支配している。
帰って感じていた大きな違和感の一つが、実はこれだった。
普段どれほど人工的な音に包囲されているかをあらためて実感する。
一時間に数本しか走っていない列車は、かなり離れたところから線路を通じて「タタンタタン」と近付くのを告げる。

間もなく、この景色とも暫くお別れ
posted by (C)gt-special
非電化ローカル 山陰本線
posted by (C)gt-special


そんなロケーションだから、当然、星が降り注ぐ。
街灯もそんなに多くないので実家の玄関を出ればすぐに星空。
畑の間を貫く農道まで足を伸ばし、真っ暗な中で寝転がってみる。
信じられないほどの数の星が夜空を埋め尽くしている。
それなのかどうかは知らないけど、丁度ペルセウス流星群が降っていたらしい夜、僕も流れ星を見る事が出来た。
畑の葉を揺らす風の音と満天の星、いつまでも飽きずに眺めていられた。
普段ならうるさく感じられるであろう、学生アパートからたまに聞こえてくる酔っ払い大学生達の嬌声も、このときは可愛らしく思えた。

さすがに写真には写らなかったけど、この中には数え切れないほどの光の粒が散らばっている。

星空...さすがに写らないか?
posted by (C)gt-special
星空...グルリの見事な星空だった。流れ星も見えた
posted by (C)gt-special


今年女子高生になった姪っ子が、手作りのスフレを持って遊びに来てくれた。

姪っ子が作って持ってきてくれた。お見事!女子高生スフレまいう~!
posted by (C)gt-special

お見事!な腕前。
パティシエを目指しているらしい。
僕なんか、その年頃の時には、将来計画なんて全く無かった。
頑張れ♪


つづく・・・






帰省行070811~070815 Vol.1
帰省行070811~070815 Vol.2
帰省行070811~070815 Vol.3
帰省行070811~070815 Vol.4

スポンサーサイト

Comments

▼零さん

ああ、僕も同じでした、全くのノー・アイディア将来(苦笑)。

佇んでいた鳥は、何だったんだろう?
立ち姿は恐らく150cmくらいあったような気がします。

地元は、癒してくれますね。

パティシエというしっかりした目標をうらやましくも思いました。零なんてただただあてもなく生きてるに過ぎないのに…。応援したくなりますね!
あのデカい鳥は…ゴイサギか何かでしょうか??
暑い中歩き回られたんですね~。座っているだけでも汗が出る暑さですよね。本当に参ります。会社のエアコンが…効いてないので、熱中症に要注意な環境で仕事をしています。
零は地元に帰省しても、卒業した学校を訪れるって事はないですね~。あ、選挙の投票でハタチの時に小学校まで行ったっきりです。変わる所、変わっていない所、色々織り交ぜつつも地元ってやっぱり何か安心感がありますよね。

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://50or.blog71.fc2.com/tb.php/219-589c96fa

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。