スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日記だから 

別にフォーマットがあるわけでも無いわけで、箇条書き的な日だってあるだろう。


◆デスクの引越し
元々ずっと、何故そこに座っているのかよく解らなかった。
今日、そのデスク位置が変わった。
いよいよオフィスの端っこの方に。
なんとなく納得。
いよいよ同じフロアで他のスタッフと話さなくなるんだろうな。。。

◆出席会議が増える
社内の同じフロアでのコミュニケーションは薄くなっていく一方なのに、会議への出席要請や出席指示は増えていく・・・
同じフロアで働いている皆とは仕事上で殆ど関わらないのだけど、企業グループ横断的なプロジェクトに関わっているので他のフロアに散らばっている親会社や他の子会社での会議にはやたらとお呼びがかかるようになってきている。
仕事をしていく上でコネクションを作っておくべきキーマンと、ダイレクトにコミュニケーション出来るようになるのは、仕事のスピードアップに繋がる。
けどその代わり、直接「刺される」リスクも大きくなる、ということ。
くわばらくわばら。。。


◆PC選択
ということで、一斉に社内のPCを入れ替える話を聞いたときに迷わずノートを選択。
会議の際に持ち出す事を考えて。
噂によると、S○NYの薄~いやつらしい。
となると、何のために自腹を切ったのか、半分よくわからない状況になってきた。。。


◆江戸もの2連発
「面白かったぞ」との感想を聞かされながら、上司から浅田次郎の『憑神』文庫本を借りた。
実はその時点では映画化されるとか芝居がかけられるとかは、全く知らなかった。
面白かった、確かに。
このところ会社の行き帰りに本を読まなくなっていたのだけど、久々に読書熱を上げてくれた。
読み終わって返却、さて次は何を読もう・・・と思ったときに、たまたまカズが読み切って放置していた宮部みゆきの『あかんべえ』が目に止まった。
宮部みゆきは好きな作家の一人なので、何も考えないで鞄に放り込んだ。
読み始めてすぐに、『憑神』の舞台と同じ場面が出てきて笑ってしまった。
なにも意図して江戸ものを読み続けようと思ったわけでは無いのに、時代こそズレてはいるけど偶然同じ界隈。
しかも両方とも「見えちゃいけないもの」を見てしまう話。
読書ドライブ、かかった。


浅田 次郎 / 新潮社(2007/04)
Amazonランキング:306位
Amazonおすすめ度:




宮部 みゆき / 新潮社(2006/12)
Amazonランキング:34132位
Amazonおすすめ度:



<<僕のブクログ>> → http://booklog.jp/users/gtspecial/spine


◆そのBGM
は、Paco De Lucia 『Cositas Buenas』。
読書を邪魔しないものを、と思ってiPodに入れたのだけど、これは大きな見当違いだった。
強弱絶妙、緩急自在に超絶技巧。
ボリュームを絞っていればBGMにもなるけど、ちょっと大きくしてしまうともうダメ。
耳が縛り付けられる、釘付けになる。
それ自体が弦楽器でもあり打楽器にもなるスパニッシュ・ギター、そのパーカッシヴな演奏は、ややもすると一点をじっと見つめて聴き込んでしまう。
流れるような哀愁を帯びたフレーズが一転して攻撃的でエッジの立ったパッセージに切り替わったりする、その代わり際の瞬間などは、ゾッと鳥肌が立つ。
また生で観たくなる

スポンサーサイト

Comments

▼かわせみさん

そう!本当に凄いですね!
Amazonの「あなたへのお薦め」でマカロンとかいうギタリストを推してきたので、ちょっと興味を持っています。
スパニッシュやフラメンコはもっともっと掘ってみたいのですが、他にも聴きたいのがあるし・・・(苦笑)

SA1Fシリーズ、Vista対応とかワンセグやらウェブカメラやら・・・色々と後継機種を投入してきてますね(笑)
http://www.kohjinsha.com/

▼むうらん

「プリズンホテル」を読んだならば、迷うことなく「きんぴか」だね。
ただ、そうすると浅田次郎に対しての固定概念が一面的になってしまうかもしれない。
僕は「蒼穹の昴」が最初だったのだけど、これを同じ人が書いているとはとても思えなかったな(笑)
「憑神」も面白かった。
エッセイも読んでみたい人だね。
今は宮部みゆき熱が再燃しているんだけど、そこは我慢して(?)、買ったまま読んでいない『不毛地帯』山崎 豊子に手をつけなきゃ。

Pacoは凄い!

>何のために自腹を切ったのか

そういえば、Vista対応の新製品も出たようですね。

>代わり際の瞬間などは、ゾッと鳥肌が立つ

まさに! 私も何度、彼の演奏を聴いているときに鳥肌がたったことか。

浅田次郎!!!

最近「プリズンホテル」を全巻制覇して、もんの凄く面白かったという話をしたら知り合いが何冊かかしてくれました。
ちょこちょこと読んでます。
「鉄道員」がブームになった時はそんなに引っかからなかったんだけど、読み始めたら簡単にハマってしまいました(笑)
「憑神」あったかなあ。。。

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://50or.blog71.fc2.com/tb.php/199-394cdadb

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。