スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

錆びさせない 

土曜日、11時頃に会社へ。

懸案案件に関わる資料を引っ掴んで、浅草の現場へ。。。

(懸案と浅草は別仕事)

浅草では某ベテランタレントへの対面インタビューが待ち構えている。
(今回はインタビュアーとしてではなく、コーディネーターとして)
今の会社に入ってからコーディネーターとしては、「サービスOpen発表会」を東京と大阪で開催した際にプロデューサー的立場に放り込まれて以来の大きな仕事になった。

準備物の不備が発覚してダッシュで会社と浅草を往復したりとバタバタはあったけど、どうにか無事終了。
しっかりと喋ってもらえた。
ビックリするような発言もあったりして、現場立会いはなかなか面白かった。

来週は来週で土曜日に大阪で同様の仕事が待ち構えているけど、一つ目を終わらせられたことでなんとなく気楽に構えることが出来ている。
週末を削られるのが少々キツいけど。




浅草、芸どころ。
今でも寄席や芝居小屋が立ち並び賑わっている。
テレビやその他の媒体の隆盛で、こういった庶民演芸はキツイとは思うのだけど、ところがどっこい。
今は落語がひそかに(でもないか)注目を浴びているし、大衆演劇がDVDとして発売されたり新たな王子が出現してニュースになったりして、まだまだ庶民に一番近いエンターテインメントとして楽しませてくれている。
その、関東での中心地は間違いなく浅草なのだろう。
錆びないでいて欲しいし、錆びさせてはならないと思う。



このところ浅草仕事に来るときにはいつもカバーがかけられていた宝蔵門
その改修工事が終わったようで、カバーが外されていた。
朱も金も白塗りも色鮮やか。
そして気になったのが屋根瓦。
たまたま少し前にネットのニュースで、この瓦がチタン製のものに替えられる、というのを読んでいた。
そうか、これか。
携帯の写真だとなかなか判り辛いけど。




最初は「ちょっと味気ないニュースだな」と思って読んでいたけど、いやそんなことは無い。
周りとの調和を乱すことなく、ごく自然にテクノロジーが埋め込まれている。
錆びさせないための「綺麗な努力」だと思った。
Harleyだって車だって、ヴィンテージを今の世で維持するために部材の原料を耐久性の高いものに替えたりしている。
本来錆びて朽ち果てていくものを、耐久性高くルックス維持するための努力は、否定しなくても良いんだと思った。
元来の原料は「資料としてアーカイブ」されていればいいのじゃないか。



仕事が終わった後、ちょっと呆けて浅草寺の裏でライトアップされた社殿や塔を眺めていた。
携帯のカメラ、夕暮れや夜間にどの程度使えるかな?の実験。














夜の浅草もいいな・・・と感じつつ、財布が寒かったのでカレーを掻き込んで帰る。

スポンサーサイト

Comments

▼Akutaさん

Akutaさん、いらしゃいませ。

いいんですよ!ほんと!浅草!(笑)
最近はすっかりハマってしまってます、仕事でしか行けてないけど(苦笑)

>写真もすごく綺麗に撮れてますね

ありがとう。
でもやっぱり携帯電話、なかなか難しいですね。

>浅草の空気の匂いとか

これは解るような気がします。
お線香、お茶、屋台、老舗の洋食屋、有名な和食屋・・・
浅草、素敵です。

▼かわせみさん

>あの「世界遺産」のルールってのは、手が加えられていないもの

そうなんですか!
さすがワールド・ヘリテイジ、厳しいんですね。
素材や建材等を改変させない強制力もさることながら、改変しないでも残してはいけるという証拠なのでしょうね。
ただ、そこには本当の文化や自然への理解と、そこに手間や金を掛けることの出来る体制が必要なんでしょうね。

浅草!

浅草、いいですね(^^)
写真もすごく綺麗に撮れてますね、デジカメみたいです。
私は、浅草の空気の匂いとか、あの存在感が結構好きです♪

ルールとはいうものの

>元来の原料は「資料としてアーカイブ」されていればいいのじゃないか

私もそう思うし、それが現実的なところじゃないかと。しかしですね、あの「世界遺産」のルールってのは、手が加えられていないもの、だそうで法隆寺などの日本関連の認定が遅れたのはその影響があったそうですよ。

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://50or.blog71.fc2.com/tb.php/184-54544144

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。