スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お買い物? 『眼球』? 

金曜日、昼間に1時間ほど会社を抜け出し、レーシックの術後3ヶ月検査に。

昨年の12月8日に行ったレーシック手術
その後の経過はほぼ問題なく、検査でも何かを指摘される事も無く、淡々と終了。

視力検査の結果、右は1.5左は2.0
手術直後から比べると、右が若干落ちたとは言えそれでも1.5だから、ド近眼だった時分と比べるともうバラ色の世界だ。

問題をむりやり穿り返すとすれば、「ドライアイが酷くなった」ことと「ハロ/グレアと呼ばれる、夜間の光点のにじみ」くらいか。

「ドライアイ」は確実に酷くなって、これまでは眼鏡ケースをいつも身に付けていたんだけど、それが無くなった代わりに今はポケットには必ず点眼薬が入っているし、会社のデスクの引き出しにも、自宅のPCの横にも、鞄の中にも・・・至るところに点眼薬を準備している。

「ハロ/グレア」は、確かにきつくなった。
夜間にインラインスケートで走ることがあるんだけど、このときに車のライトの光が散って、結構辛い。
これも慣れてくるらしいけど、当分は「ひとり勝手にクリスマス」状態が続くんだろうな。


色々と周りから訊かれるので、ちょっと書き足しておこう。
特に多く、しかも男性から(笑)訊かれるのが、「痛くなかった?」

端的に書くと「手術自体は痛くない」。
「眼球自体に注射」されるわけではなく、麻酔は点眼薬をチョンチョンと落とされるだけ。
これで一気に眼球は鈍感に。
直接触られても全く何も感じないし、おまけに焦点まで怪しくなるくらい機能が低下するから、怖いと言うよりもむしろ興味深い。
「メスでフラップを切り取られる」んだけど、これも上に書いたとおり、切り取られることで痛いわけではない。
目蓋を固定するための器具で思いっきり眼を見開かされて固定される、これが非常に不快であることくらいで、痛いわけではない。
フラップ(薄~く削ぎ切りしたフタ。これを最後にもう一度被せる)を作った後、別の手術室に移されてレーザーで屈折率を変える手術をするのだけど、これは目の前でチラつく赤や緑の光点を眺めていれば良いだけ。
この直後はまだ視界がボ~っとしているんだけど、フラップを戻された瞬間に一気に視力が戻る。
この瞬間にちょっとビックリした。
執刀(?)医の顔が眼前に現れ、その手に持った器具が眼球にガシガシ触れてくる。これが全て見える。
眼ん玉にグリグリと触られているのが見えるんだけど、痛みも何も感じない。
「ハイ!お疲れ様でした~!問題なく終わりましたよ~!」で、休憩室に。
結局、手術自体は不快感はあったけど痛みは無し。
問題はこの後で、麻酔が切れてきてからが痛い痛い。
たまに、タバコの煙が目を刺すことがあるけど、あれに似た痛みがずっと続いた。
自宅に帰り着くまでボロボロと涙を流し続けたのを思い出す。
けど、これも人それぞれで全く痛くない人も居るようで、僕が受けた日に一緒にエレベーターに乗り合わせた数人は「全く痛くないですよ」とケロっと答えていたし、会社の先輩も手術当日の夕方からは普通に仕事をしていた。

ということで、人によって感じ方や反応は色々と違うと思うけど、僕としては「怖くないよ!男性諸氏!」と書いておこう(笑)



詳しくは・・・(また振ってしまうけど(笑)) まゆさんの『小確幸な日々』をご参照のこと。



興味のある方は、手術がお安くなるように紹介出来まっせ。
今なら18万8千円!(笑)

スポンサーサイト

Comments

私も視力回復の手術を考えてるんですが沢山病院があってしかも料金設定も様々ですよね?今回はメガネを買う予定ですが次、視力が落ちたら絶対に手術をします。

会社でも数人が手術をしてます。

▼シンヤ

勢い勢い!(笑)
過去にMRI検査で耐えられなくなって挫折した僕でさえラクショーでこなせたので。
(ちょっと違うか・・・)

奥様ともども、ご連絡をお待ちしてま~す♪

手術を想像すると怖いんで…根性なしなオイラ…(爆)でも、なんとか自分でも大丈夫そうな気がしてきました!
www
 
 術後は、やっぱり人それぞれなんですねぇ。取り合えず貯金しなければぁ!

▼まゆさん

そうなんですよね、面白いことに恐怖感(痛みやメスが入ること)を露わにするのは相変わらず男性ばかり(笑)
女性は確かに、術後の化粧が気になるところでしょうね。
ガイドブックやWEBでの紹介も、結構そこに力点を置いているような気がします(笑)
僕は乱視は極めて軽度なので気になりません。
それとは別に、「老眼化が早そうだ」ということはかなり体感的に解ってきました。
起き抜けの直後、相変わらず手許への焦点速度が遅いです。
ドライアイは、酷いです。至るところに目薬を準備してます。
けど、眼鏡本体やコンタクト、そしてそのケースの在り処や所有方法を考えるのとは、気軽さが天と地の差です♪

人それぞれですね、確かに。

ごうさんのおっしゃるとおり、「痛かった?」と聞くのは、ほとんど男性でした(笑)。
女性はもっと具体的な、価格や、お化粧やコンタクト不使用の期間についてなどを聞く人が多かったです。

私も今も快適ですが、やはり左は乱視が気になっています。
手術から半年以上経ちましたが、そろそろ一度検診に行ってこようかと思っています。

私はコンタクトのときは、家・職場・携帯用と3つの目薬を常に持っていましたが、今は全く必要なくなりましたよ。ごうさんとは反対に、ドライアイはすっかり解消されました。
人それぞれですね。

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://50or.blog71.fc2.com/tb.php/119-8414a9e5

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。